前へ
次へ

インターナショナルスクールに入るためには

英語で授業を行うインターナショナルスクールが日本国内に増えていることから、その存在に注目が集まっています。英語力や国際的な視野を身につけやすく、過去には大企業の有力経営者を輩出しています。そのため、子どもをインターナショナルスクールに通わせたいと考える保護者は増えていますが、誰でも入学できるわけではありません。スクールによって入学条件があり、それを満たさなければ通うことはできないのです。やはり問われるのは生徒の英語力であり、それは英語面接によって判断されます。生徒に英語力がないと、当然ながらスクールでの授業についていけないでしょう。そして、英語力が求められるのは生徒だけではありません。保護者にもそれなりの英語力が求められ、最低でも少なくとも父母のどちらかがネイティブ並みの英語力がないと入学許可が下りないといわれています。何故なら、スクールと家庭との連絡は基本的に英語であるからです。スクールの考えを正しく理解するためには、保護者の英語力が欠かせません。

Page Top