前へ
次へ

インターナショナルスクール独自の授業とは

日本の学校では授業を日本語を使用して行いますが、インターナショナルスクールの独自性として英語で授業を行います。英語の授業だけ英語で行う訳ではなく全ての教科を基本的に英語で授業していくので、英語を習いに行く為の学校とは少し違います。何故なら入学した時点である程度の英語能力が無ければ、授業の内容を理解できずに友達とのコミュニケーションも取れない事が考えられますから、英語能力が乏しい子供は入学自体を断られてしまいます。インターナショナルスクールに通えば確かにネイティブ並みの英語能力を手に入れられますから、海外で活躍したい方には役立ちます。また基本的に入学してくる生徒の多くは外国人の子供になりますから、色々な国の子供と友達になれるのも素敵なメリットです。日本もグローバル化しており、世界各国から観光客の方も沢山訪れる国になっていますから、インターナショナルスクールを卒業すれば将来的に英語を使用する仕事で活躍できるのが素敵なポイントです。子供の時から国際的な考え方ができるようになれば、自然と世界的な企業で働けるチャンスも増えていくので、豊かな人生を歩めます。

Page Top